慰謝料を増額するコツ

慰謝料は、交渉次第で大きく増額されることもあれば、逆に思っていたより減額ということもあります。加害者側の提示のままに従ってしまえば、基本的には最低基準の慰謝料が支払われることになります。被害者だからと同情されて慰謝料が増えるということはまずありませんので、頭に入れておきましょう。

交通事故の被害者としては、肉体的にも精神的にも相応の慰謝料を払ってほしいと思うでしょう。慰謝料を増額するコツは、交通事故処理に長けている専門家に相談することです。後遺障害が残った場合など、医師に後遺障害診断書を書いてもらう時点から、弁護士のアドバイスが必要になってきます。後遺障害等級の認定を受けるときにも、低い等級にならないように弁護士に相談するのが得策です。

加害者への賠償金請求では、加害者側の保険会社が示談交渉にあたることがほとんどです。保険会社は示談交渉がお手の物ですから、被害者が個人的に交渉に乗るのはリスクが高くなります。示談交渉に慣れた弁護士であれば、被害者に有利になるように交渉を進めてくれます。心身共に疲れた被害者が、さらなるストレスを抱える心配もなくなるでしょう。慰謝料が増えれば、少しでも気が楽になるものです。