慰謝料と交通事故被害

交通事故の被害者にとって、加害者からの謝罪は精神的な救いとなるでしょう。しかし、加害者の誠意が表れる慰謝料も、示されるのと示されないのとでは回復の度合いに差が出てきます。交通事故の被害に遭ったときに請求できる慰謝料について、増額のコツや適性な額、種類などを知っておきましょう。

交通事故の慰謝料は、治療の賠償金と後遺障害の2種類があります。また、後遺障害はさらに2種類に分かれ、後遺障害の等級ごとに支払われる賠償金と後遺障害によって将来的に収入が見込めなくなる逸失利益が該当します。

慰謝料は最初から適正な金額が提示されればよいのですが、多くの場合は予想より少ない金額が提示されます。理由は、後遺障害の等級認定を受けるために必要な医師の診断書に不備があったり、加害者側の保険会社が最低基準の賠償金の算出を行ったりするためです。この問題に交渉し、慰謝料を増額し得る力を持っているのが、交通事故処理に長けた弁護士です。

参照HP⇒⇒交通事故の慰謝料増額相談【交通事故被害者救済サイト】

適正な慰謝料の金額は、被害者が感覚的に納得できる金額を指すわけではありません。交通事故処理について詳しい知識を駆使し、後遺障害等級認定のための診断書に的確なアドバイスを出すことができ、示談交渉において適正な慰謝料請求ができることが重要です。そのためには、交通事故処理で実績を積んでいる弁護士に相談するのが賢明です。当サイトでは、慰謝料請求のポイントについて紹介します。交通事故に遭った時に知っておきたいポイントをきちんと理解しておきましょう。