請求できる慰謝料

交通事故被害における慰謝料の種類には、治療についての賠償金と、後遺障害についての賠償金という2つがあります。治療についての賠償金は、症状の固定時期までの治療費などを請求できます。通院のための交通費や休業損害なども含まれますから、しっかり領収書を取っておくことが大切です。症状の固定時期とは、医学的にこれ以上治療しても回復が見込めないと判断されたときです。

一方、後期障害についての賠償金は、さらに2種類に分かれます。1つは後遺障害が認定されることで得られる等級を基準にした賠償金です。そしてもう1つは、後遺障害によって将来的に収入が減ることを考慮した逸失利益です。いずれの賠償金についても細かい規定が定められており、交通事故被害の賠償金問題に詳しい弁護士を頼らないと、十分な慰謝料をもらえないような事態に陥りかねません。

慰謝料の種類にも違いがあると知ったら、いずれの慰謝料も十分に支払ってもらうことを考えましょう。基本的に、加害者側の保険会社は、最低基準での賠償金を示談交渉にて提示してきます。その提示に従って示談が成立してしまえば、もっと支払ってもらってもおかしくはなかった慰謝料が少なくなってしまうのです。