適正な慰謝料とは

加害者に謝ってもらいたいと思うのが交通事故の被害に遭った人の気持ちです。同時に、治療費などを支払ってほしいという気持ちもわいてくるでしょう。これが、誠意を見せてほしいという感情です。誠意とは慰謝料を指しているわけですが、慰謝料は高過ぎても驚いてしまいますし、かといって低過ぎても見くびられたような残念感があります。被害者の精神的・肉体的苦痛に対して支払われるお金ですから、低ければ低いほど被害者の価値を問うものとなってくるでしょう。

被害者の苦痛をお金に換算するとき、3つの基準によって数値化が図られます。3つの基準とは、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準です。自賠責保険基準や任意保険基準で慰謝料が換算されてしまうと、保険会社のいいようになる可能性が大です。これに対して、弁護士基準は被害者に有利になりやすい基準です。

弁護士基準は、過去にあった交通事故について、裁判の判例などを基に公表されている基準です。裁判所基準とも呼ばれるこちらは、自賠責保険基準や任意保険基準よりも高い慰謝料となるケースが多いのです。実際、示談交渉を弁護士に依頼すると、数十万円から百万円単位で慰謝料が増額されることが珍しくありません。その金額こそ、適正な慰謝料なのです。

慰謝料を増額するコツ

慰謝料は、交渉次第で大きく増額されることもあれば、逆に思っていたより減額ということもあります。加害者側の提示のままに従ってしまえば、基本的には最低基準の慰謝料が支払われることになります。被害者だからと同情されて慰謝料が増えるということはまずありませんので、頭に入れておきましょう。

交通事故の被害者としては、肉体的にも精神的にも相応の慰謝料を払ってほしいと思うでしょう。慰謝料を増額するコツは、交通事故処理に長けている専門家に相談することです。後遺障害が残った場合など、医師に後遺障害診断書を書いてもらう時点から、弁護士のアドバイスが必要になってきます。後遺障害等級の認定を受けるときにも、低い等級にならないように弁護士に相談するのが得策です。

加害者への賠償金請求では、加害者側の保険会社が示談交渉にあたることがほとんどです。保険会社は示談交渉がお手の物ですから、被害者が個人的に交渉に乗るのはリスクが高くなります。示談交渉に慣れた弁護士であれば、被害者に有利になるように交渉を進めてくれます。心身共に疲れた被害者が、さらなるストレスを抱える心配もなくなるでしょう。慰謝料が増えれば、少しでも気が楽になるものです。

請求できる慰謝料

交通事故被害における慰謝料の種類には、治療についての賠償金と、後遺障害についての賠償金という2つがあります。治療についての賠償金は、症状の固定時期までの治療費などを請求できます。通院のための交通費や休業損害なども含まれますから、しっかり領収書を取っておくことが大切です。症状の固定時期とは、医学的にこれ以上治療しても回復が見込めないと判断されたときです。

一方、後期障害についての賠償金は、さらに2種類に分かれます。1つは後遺障害が認定されることで得られる等級を基準にした賠償金です。そしてもう1つは、後遺障害によって将来的に収入が減ることを考慮した逸失利益です。いずれの賠償金についても細かい規定が定められており、交通事故被害の賠償金問題に詳しい弁護士を頼らないと、十分な慰謝料をもらえないような事態に陥りかねません。

慰謝料の種類にも違いがあると知ったら、いずれの慰謝料も十分に支払ってもらうことを考えましょう。基本的に、加害者側の保険会社は、最低基準での賠償金を示談交渉にて提示してきます。その提示に従って示談が成立してしまえば、もっと支払ってもらってもおかしくはなかった慰謝料が少なくなってしまうのです。

慰謝料と交通事故被害

交通事故の被害者にとって、加害者からの謝罪は精神的な救いとなるでしょう。しかし、加害者の誠意が表れる慰謝料も、示されるのと示されないのとでは回復の度合いに差が出てきます。交通事故の被害に遭ったときに請求できる慰謝料について、増額のコツや適性な額、種類などを知っておきましょう。

交通事故の慰謝料は、治療の賠償金と後遺障害の2種類があります。また、後遺障害はさらに2種類に分かれ、後遺障害の等級ごとに支払われる賠償金と後遺障害によって将来的に収入が見込めなくなる逸失利益が該当します。

慰謝料は最初から適正な金額が提示されればよいのですが、多くの場合は予想より少ない金額が提示されます。理由は、後遺障害の等級認定を受けるために必要な医師の診断書に不備があったり、加害者側の保険会社が最低基準の賠償金の算出を行ったりするためです。この問題に交渉し、慰謝料を増額し得る力を持っているのが、交通事故処理に長けた弁護士です。

参照HP⇒⇒交通事故の慰謝料増額相談【交通事故被害者救済サイト】

適正な慰謝料の金額は、被害者が感覚的に納得できる金額を指すわけではありません。交通事故処理について詳しい知識を駆使し、後遺障害等級認定のための診断書に的確なアドバイスを出すことができ、示談交渉において適正な慰謝料請求ができることが重要です。そのためには、交通事故処理で実績を積んでいる弁護士に相談するのが賢明です。当サイトでは、慰謝料請求のポイントについて紹介します。交通事故に遭った時に知っておきたいポイントをきちんと理解しておきましょう。